まずは自分達の為のサプリミュージック!

新型コロナウイルスの影響で大変な事態となってしまった2020年。

これまでの様に行動する事もし難くなり、予定も狂いはじめている。

約六十年生きてきてこの様な事態は初めて。

阪神大震災で震度7を経験したが、あの時は突然の事態だったので、その時から頑張るしか無かったが、今回の新型コロナウイルスで起きた事態はまた違うものだ。

日々迫って来る脅威。

動いてどうなるものでは無いこの事態。

病院もこれまでの通院とは違う。

診察は無しに電話で問診してクスリだけを処方してもらった。

病院の待合室も人が少ない。

今もニュースで国内線の飛行機も減便。

どうなるのか?

全く分からない状況。

だからと言って何もしない訳には行かない。

こういう時だからこそ出来ることがあるのでは無いだろうか?

テリアバークスの人達と、この様な話しを毎日している。

こういう時、自分たちがどれだけ非力なのか思い知らされる。

音楽に携わって生きてきたということはとても幸せなことだが、やはり一般社会に自分たちを置いてみると社会的な地位があまりにも無いことに気付く。

好きなことをやってきたのはいいが、その代償がここに来てあらわになった。

そういう人達で何かやろうと。

それはやはり音楽を届けるしかない。

音楽はこんな事態でも邪魔にはならないだろう。

そこで決まったことが「サプリミュージック」。

テリアバークスのスタジオサイトから音楽を無料配信することに決めた。

そして早速3月3日に1曲無料配信した。

それだけではなく、ネット環境を利用してテリアバークスに携わってる人達で何かラジオ番組のようなものが出来ないか?

東京でこれからレコーディングを控えていた三人のシンガーのライブも全て中止。

しかしこの三人は楽器を弾いて一人でもライブが出来る力を持っているので、自分をこの時期に改めて作り上げるという計画立てて動いている。
また、逆に与えられたチャンスだと捉えてもう地下にこもった。

これはこれでいい。

しかし作家としての俺は何か出来るのでは無いかと考えている。

特に金沢のサウンドトレジャー2015の歌手達と何かをやらなくてはと考えている。

ラジオをやっている歌手もいるが、その人達も含めて、今だからこそ出来ることがあると思う。

無料配信も当然だが、先程述べた様に電話で声を収録して番組として配信出来ないか?

実はこれには大きな意味がある。

サウンドトレジャー2015の面々は年齢というより、どうも病を抱えている人も居て、あまり元気じゃない。

だからみんなを元気にするためにもやらなくてはと考えている。

こちらは自分たちの為のサプリミュージックだ。

今の事態を乗り越えるにはまず心のケアだと思う。

そして4月からは俺一人でラジオをやろうかと今計画を立てている。

これはテリアバークスの奥寺氏から「やれ!」と言われたこともあるが、やはり何事とやらないと始まらないし変わらない。

少しずつ何かの形で…こういう事態の中で…まず仲間のサプリとなるような音楽活動から始めようと思う。

サプリミュージックはテリアバークスのスタジオ・サイトで無料配信中!

https://terrierbarks.com

木村菜緒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です