テリアバークス

テリアバークスのホームページが完成した。

URLは、

https://terrierbarks.com

テリアバークスとは菜象、木村菜緒、天埜めぐみの音楽工房でもあり、こよりやサウンドトレジャーの面々のレコーディングもしている。

しかし基本は音楽工房で、ここで音楽が生み出されている。

さて、今年に入ってこのサウンドトレジャー2015もオンデマンドの配信サイト、そしてまだこれは目に見えるような活動はしていないが新しく生まれ変わったサウンドトレジャーのホームページも出来上がった。

サウンドトレジャー2015
https://soundtreasure2015.com

サウンドトレジャー2015オンデマンド配信サイト
https://ondemand.soundtreasure2015.com

サウンドトレジャー
https://soundtreasure.net

この2つのコンセプトは?

まずサウンドトレジャー2015は今年アルバムを完成させて制作は終わり、これまで〝ちょっと大人な音楽〟を作ってきた面々の活動状況など伝えるサイトとなる。

そして新しいサウンドトレジャーはアマチュアのアーティストのオリジナル作品を作品化することを目指す。

そして木村菜緒はこの二つのサウンドトレジャーからは実質上離れる。

そしてこれからは奥寺氏が率いるバースブルースの音楽工房テリアバークスをベースメントにして、菜象、木村菜緒、天埜めぐみの作品を生み出す場となる。

それだけではなく、菜象、木村菜緒、天埜めぐみの作品を無料配信するなど、新しい音楽空間をこのテリアバークスで創りあげて行くことになった。

昨年からバースブルースの奥寺氏、そして戸倉氏、私、その他ミュージシャンも加わっていろいろ模索して来たがやっと方向が定まったようだ。

そして本格的なレーベル5thDO Music(フィフスドゥミュージック)はテリアバークスのレーベルとして、まずはこよりを売り出すことになった。

ホームページもテリアバークスの中に移されている。

そしてこのテリアバークスについて話したい。

このテリアバークスでは新しい事をどんどんやっていく。

まずは音楽の無料配信。

今の時代、CDは売れない、配信で少し売れたと言っても額が小さ過ぎて収益を得ることは相当難しい。

音楽制作会社の運営など、ある程度歳を重ねた者達にとっては簡単に出来ることでは無い。

ビジュアル的な売りは無い。
若者達のような新しい感性は備え持っていない。

だから今の時代の先端などについて行く事は出来ないし、またついて行く必要も無い。

私達は、そんな中、ある程度歳を重ねた者でしか出来ない新しい音楽を追求したいのだ。

それがテリアバークスなのだ。

菜象、木村菜緒は最近初音ミクなどボカロにも手を出している。

しかしそのボカロの使い方に歳を重ねた者の味が出ているように思う。

それも決して若者達に受け入れられるものでは無いかも知れないが、私達年代が初音ミクを受け入れる事が出来た。

それもいいのではないだろうか。

私は頭からボカロを否定していた。

しかし現在、テリアバークスのホームページより無料配信している「君のサバがいい」、結城ひろしと初音ミクが歌う「ぼったくり」と「風に吹かれて」を聴いて私は抵抗なく受け入れてしまっていた。

素直にいいじゃないかと思った。

若者達を視野に置くのではなく、今の時代、もっと違う視野に新しい物をもっと投げ込んで行ってもいいのではないだろうか。

それが結果を生む事を考える前に、まずはやることだ。

やってみることだ。

それをテリアバークスはやろうとしている。

奥寺氏が支えているから出来るのではあるが、私はこのテリアバークスは絶対に存続させたい。

これから高齢になっていく人達は、今の時代の高齢者とは違う視野を持っているはずだ。

だから高齢者社会も変わっていくのではないだろうか?

だから私は思うのだが、六十代だからといって諦めてはいけないと思う。

これからの高齢者はもっと違うものを求めるようになるのではないだろうか?

そんな中でテリアバークスはどんどん作品を生み出して欲しい。

菜象、木村菜緒、天埜めぐみにはその才能と力がある。

若者に受け入れられなくても、彼らの発想、行動力は周りを見てもそうは居ない。

そしてもう、テリアバークスは色んなことにチャレンジしている。

これからの企画ももうしっかり出来上がっている。

さて、このサウンドトレジャー2015も、歌手達に早くアルバムを完成して貰って活動をして頂きたい。

初音ミクとのコラボはスゴい宣伝効果にもなっている。

動けば動くほどに何かがついてくる環境をしっかり自分のものにして頂きたい。

浅田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です