「明日へのお土産2020」

  1. 今年になって、いや、この歳になってこの様に忙しくなるとは思わなかった。

Birth Bluesを立ち上げた奥寺氏、彼も古希を目前に私以上に忙しくしている。

いや、それ以上に忙しくしているのは木村菜緒だろう。

私が頼んだブログなどいつでもいいのだが、この度また奥寺氏と私の提案で忙しくさせている。

木村菜緒は2018年2019年、たんなん夢レディオのチャリティーカラオケ大会の審査員をし、その際に木村菜緒が選出する特別な賞、
T-Dream賞を設けて、彼は選出した人に曲を書いて提供した。

それは私からすれば大変な事をやったと驚いている。

ジャズ、ブルース、ソウルしか聴かない、演奏しなかった男がカラオケ大会の審査員とはどう考えても昔の木村菜緒とは結びつかない。

しかしそれ以上に驚いたのはその2年間に書いた曲だ。

2018年の「明日へのお土産」。

そして2019年の「傘 ~I MISS YOU~」。

この2曲、
改めて聴いてみたがどちらもいい作品だ。

そして2曲とも全く違う曲だ。

「傘 ~I MISS YOU~」は木村菜緒からすれば得意の分野だと思うが、「明日へのお土産」はいくら考えても木村菜緒が書いた曲とは思えない。

爽やかな応援歌を書く木村菜緒などどう考えても理解出来ない。

しかし書いたのは事実。

さて、どうして改めて聴き直したかと言うと、「明日へのお土産」と「傘 ~I MISS YOU~」を書いた木村菜緒にオファーがあったから。

それもBirth Bluesの奥寺氏が動き始めて、いろいろオファーが増えているが、最も興味を持ってくれるのはT-Dream賞で曲を書いた木村菜緒だ。

そしてこの2曲。

全く違う仕上がりだ。
別の人間が書いたと思わせるような2曲だ。

この2曲、もっと表に出そう。
出さなくてはならないとみんなの意見が一致した。

そこで奥寺氏が立ち上げた企画が木村菜緒を忙しくさせている。

奥寺氏もだが、私も思う。

それは木村菜緒がT-Dream賞で曲を書いたことは、これから何か違う形で継続すべきだと思う。

それが奥寺氏が立ち上げた新たなプロジェクトだ。

そのプロジェクトは新たなサウンドトレジャーでT-DREAMをもう一度やること。

今度はカラオケ大会ではなく、ライブハウスで活動しているアマチュアのシンガー、ユニットなど対象にすることに決めた。

そしてその前に、このT-Dream賞で書いた曲をもう一度アピールしようと言うことになった。

まもなくたんなん夢レディオさんのチャリティーカラオケ大会の開催が3月1日と迫っているのでちょうど良いタイミングだ。

そして2018年に書いた「明日へのお土産」を新しくアレンジしてもう一度みんなに届けようということで決まった。

それもCD化や配信ではなく無料配布だ。

無料で新しいサウンドトレジャーのホームページよりダウンロード出来るようにすることになった

この曲、もっと多くの人に聴いてもらいたい。

だから無料で配布することに決めた。

それはこういう企画で。

「Thanks for T-Dream by 木村菜緒」

というタイトルで新しいサウンドトレジャーのホームページに特設ページを設けて、そのページで2年間のT-Dream賞の事も改めて紹介する。

それだけではない。

木村菜緒が2017年に「サバサバエバエバサバエフォエーバー」
という曲を書いている。

眼鏡の街、鯖江市をテーマに書いた曲だ。

その曲を木村菜緒が書き直した。

タイトルも、

「君のサバがいい」

に変更。

これが実にいい曲に仕上がっている。

それも二通り出来上がっている。

ピアノでのバラード。

そしてボサノヴァっぽいミディアム・テンポ。

そしてこの2曲は初音ミクが歌っている。

とてもいい雰囲気になっているから驚いた。

この2曲も「Thanks for T-Dream by 木村菜緒」として無料配布することになった。

木村菜緒に、せっかく積み重ねた2年間をもう一度見つめ直して前に進もうと話しをした。

やはりこの2曲、「明日へのお土産」と「傘 ~I MISS YOU~」を書いた事は大きい。

凄い功績だと思う。

なぜならこの2曲、全く手を抜かずに歌う人をしっかり捉えて作った作品だ。

これらの企画、ただいまたんなん夢レディオさんとも打ち合わせ中で、たんなん夢レディオさんのホームページよりも曲をダウンロード出来るように考えている。

やはりT-Dream賞でこの2曲を書けた事は木村菜緒はその環境があったことを忘れてはならない。

そして感謝しなくてはいけない。

当然本人も分かっているが、私も奥寺氏、そして戸倉氏も集まって来てるミュージシャンもこうやって積み重ねて来た木村菜緒と天埜めぐみの足跡をしっかり残す事にしようと思って動いている。

「明日へのお土産」

そう、明日は待ってちゃいけない。
今日のお土産を沢山持って明日を迎えなくてはならない。

新しいサウンドトレジャーのホームページももう完成している。

「明日へのお土産2020」も完成している。

間もなくこの「Thanks for T-Dream by 木村菜緒」と共に新しいサウンドトレジャーのホームページで公開する。

そして、

「明日へのお土産2020」

「君のサバがいい」(2バージョン)

ダウンロードも開始します。

楽しみにしてください。

最後に、
「明日へのお土産」
を聴いて私もこの歳で明日へのお土産を手にしようとしている。

浅田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です