「TSUBAKI」に流れる一音

「TSUBAKI」に流れる一音
2019年10月30日 No Comments ブログ wpmaster

昨夜、彩のライブを聴いてきた。

来年から始まるレコーディングに備えて私も今の彩の歌をしっかり聴いておきたい。

どう変わっていくのか?

昨夜も木村菜緒の曲ばかりで構成していた。
もう、最近はスタンダードは殆ど歌わなくなったと言う。

昨夜の2ステージ目から聴いたのだが、1曲目は木村菜緒がもう30年ほど前に書いた「Backstage」。

これはジャズのスタンダードかと思うほどに完璧に仕上がっている。

木村菜緒もジャズを最も愛していた頃に書いた曲だから彩の今のスタイルにはピッタリな曲だ。

ピアノで長いソロを弾いたのも良かった。

そして「傘 ~I MISS YOU~」、「風に吹かれて」、「褪せた色した明日」など歌い、最後に「TSUBAKI」を歌った。

その曲が素晴らしかった。

これは専門的な事なので、分からない人も多いかも知れないが、これが木村菜緒の曲の真髄という所を彩が引き出して歌っていたので伝えたい。

「TSUBAKI」のBメロ、

一人で  飲むふりしてグラスを傾けている

この部分のところだ。

分かりやすくキーをハ長調(C)にして話すことにする。

コードは、
D7sus4→G→C

と流れていく。

そこにD7sus4の4度であるG
GのルートであるG
Cの5度であるG

この3つのコードから成る部分にGの音がを印象的に流れる。

よくあるアレンジではあるのだが、そのGに絡む歌のメロディーがとても印象的だ。

そこにこだわる木村菜緒の曲が一味違うのだ。

それを彩はしっかり掴んでいる。

昨夜はその部分を左手でベース音にして拍の頭でGだけを弾いていたのがとても印象的だった。

そして2コーラス目にはそのベース音に3オクターブ高いGを加えて弾いていた。

彩はその辺を全ての曲でしっかり掴んでいるから曲を引き立てる。

サウンドトレジャーの楽曲にはこういう隠れた美味しさが山ほどある。

木村菜緒はコードの構成音をしっかり把握して、そこにメロディーを絡ませているからちょっと違う曲が生まれる。

一度叶茉利子の「TSUBAKI」を聴いてみて頂きたい。

その「G」の一音に引きずられるようなメロディーが印象的だ。

音楽、楽しんで歌うこともいいが、今一つ奥に入って、音を知って歌うことはもっと音楽が楽しくなる。

サウンドトレジャーのツール化。

まだどうすればいいか試行錯誤しているが、音を、そして音楽をもっと知るというこの辺りにヒントが隠されているのではないだろうか?

浅田

About The Author

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です